ウォーターサーバーを利用するならボトルにも注意

ウォーターサーバーを利用すると、さまざまな種類の水を飲むことができます。

ところでそうした水は、ボトルに入れられて宅配されてきます。



そしてこのボトルにもいくつかの種類があります。

市販されている水のペットボトルを想像するだけでも理解できるかと思いますが、水はとても重いです。ですからウォーターサーバーを利用するのであれば、ボトルにも注意をすることが求められます。

まずペットボトルタイプの場合ですが、これは比較的、1本あたりの量が少ない傾向にあります。
そのため持ち運びしやすいと言えます。

ただしたくさんの水を飲むと言う人は、こまめに交換することが求められます。

そしてもうひとつはガロンタイプと呼ばれるボトルで、これは小ぶりな樽のような容器を想像するとわかりやすいです。

このタイプは、比較的、量が多いのが特徴です。そのため持ち運びは少々、大変ですが、交換頻度が高くない、また多くの水の備蓄にも向いていると言えます。

そしてガロンタイプの場合は、リサイクル形式であることが多いです。
つまり回収され、再利用されると言うことです。



そのため環境面では優しいですが、空の容器を回収日まで残しておかなければならないのはデメリットです。



もうひとつ、ワンウェイタイプは、使い切りタイプです。

ウォーターサーバーで水が供給され終ると、そのボトルは資源ごみとして捨てられると言うタイプです。

ボトルを残しておかなくて良いのはありがたいですが、ゴミとして処理しなければならないと言うのはデメリットです。

それぞれの特徴を踏まえて、自分に合ったボトルが採用されているウォーターサーバーを利用すると良いです。