ウォーターサーバーのボトルの交換は大変なのか

ウォーターサーバーでは、ボトルで水が宅配されてきます。

そしてそのボトルをサーバーにセットする必要があります。



ボトルの大きさ、また水の量には差がありますが、ただいずれにしてもある程度の量になると、水は重くなります。

ですからウォーターサーバーのボトル交換は大変なのでは、と思う人もいるかもしれません。



ウォーターサーバーのボトル交換は、おおまかには以下のような種類に分類されます。

ひとつは、サーバーの上にボトルをセットするタイプ、もうひとつはサーバーの下にボトルをセットするタイプです。

ボトルをサーバーの上にセットするタイプは、ボトルを持ち上げる必要があるので女性や高齢の方などは、少し大変かもしれません。

以前は、この上にセットするタイプが主流だったのですが、最近では下にセットするタイプのものが増えてきます。
下にセットすると聞くと、給水口も下の方にあるのか、と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
これは下にセットしたボトルから水をくみ上げるようなシステムがとられているので、給水口は従来のサーバーと変わりありません。

このタイプはボトルを持ち上げる必要はないので、力のない方でも比較的、交換がしやすいです。

またボトルをセットする部分は戸棚のようになっているので、セットしたボトルが外側から見えると言うこともありません。



更に重心的なことを考えても、下にセットするタイプの方が安全性は高いと言えます。

せっかく美味しい水を利用するのですから、交換も簡単なタイプのウォーターサーバーを選んだ方が良いです。