ウォーターサーバーの2種類のボトル

ウォーターサーバーで使用する水の入ったボトルは6リットル~12リットルまでサイズには幅があります。

またボトルはウォーターサーバー業者から自宅に配達されますが、その配達方法はボトルによって異なります。

ボトルには返却するタイプ(リターナブルボトル)と使い捨てタイプ(ワンウェイ)のものがあり、どちらのタイプかはウォーターサーバー業者によって違います。
使い捨てタイプのボトルはとても柔らかくできていて、水を使うたびにペシャンコに小さくなっていきます。

ペシャンコに変形しないのは水が出るときに空気が入ってこないからですが、これが実はとても重要なことで、外部から空気が入ってくるとその中に雑菌が混入しているので水が早く傷んでしまいます。
使い捨てタイプはこれを防ぐことができ、最後まで清潔な水のまま飲むことができます。



すべて飲み終えるとボトルは小さくなって分別ごみとして捨てることが出来ます。



また、返却タイプのボトルは堅いプラスチック製でできていて変形することがありません。
水を出すと下から空気がゴボゴボと入ります。
使い終わると業者が回収していきますので、ボトルの費用が発生しません。

捨てる手間を省くことができるメリットがある反面、使い捨てタイプと比べると賞味期限が短くなります。


また飲み終わった後のボトルを回収日まで保管するスペースも必要です。
回収したボトルは洗浄殺菌してリサイクルされます。



またウォーターサーバーによっては侵入する空気にフィルターをかけて雑菌を除去できるものもあります。