ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーは飲食店などの業務用に使われていたのですが、最近では家庭用の低価格の商品もあり導入する一般家庭が増えています。

ウォーターサーバーの導入で美味しくて安全な水を飲めるようになるのですが、ウォーターサーバーはどのようにして選べばいいのでしょうか。
ウォーターサーバーを選ぶときに重要なのは、何といっても水の種類です。

毎日飲むものなので自分にあったものを選ぶことが大切です。



ウォーターサーバーの水の種類には天然水とRO水があります。

天然水は特定の水源から採取された地下水を使用しています。
地下水から水を採取した後に濾過、加熱殺菌などのを行って安全に飲めるように処理がされています。

ミネラルが含まれており、味わいもあります。


RO水は逆浸透膜(RO膜)という濾過する力の非常に強い膜で水を処理して不純物を取り除いた限りなく純水に近い状態の水です。



この逆浸透膜は0.0001ミクロンの超微細構造をしています。
この膜を通して処理されているので、環境ホルモン、トリハロメタン、重金属類、塩素、細菌やウイルスなどをほぼ取り除くことができます。


ですが、水に含まれるミネラルも同時に除去してしまうというデメリットもあります。
徹底的に不純物を取り除いた安全な水を飲みたいという方は、RO水を選ぶといいでしょう。ミネラルを豊富に含んだ天然のおいしい水を味わいたいという方には天然水がおすすめです。
導入後に、後悔しないように自分にあったものを選びましょう。